不動産投資(相続税対策)について

以前は不動産投資に興味がある人や不動産経営で起業されたい方のためのセミナーを開催していました。そこで発表していたことなどを中心に、有益な情報を公開していければと考えています。

さて、以前のセミナーでもお話しましたがCMなどでよく見かける「土地活用」の話です。何も建物が建っていない更地(青空)の場合、固定資産税が上がってしまうというデメリットだけではなく、評価額も上がるので相続する際に課税対象額が増えてしまいます。

特に被相続人が裕福で他にたくさんの財産や現金がある場合、多額の相続税を支払う必要があるので生前の相続対策が必要になるわけです。そこで、この2つのマイナスポイント上手く抑えられるのが「土地活用」によるアパ-トやマンションの建設です。

例えば1億円の土地と5000万円の現金がある場合、5000万円でアパマンを建設するとしましょう。建物を建てると土地の税制上の評価額は7000万円ほどに、建物も10年たてばおよそ価格は半分以下になります。そうなると1億5000万円の相続対象となる資産が、9500万円ほどに下がることになりかなりの相続対策になります。

もちろん、家賃収入として入ってくるものは所得税として毎年課税されますが、税率が高い相続税に比べると大したものではありません。このように土地活用には大きな節税効果が期待できますが、気をつけなければいけないのが家賃保証のシステムです。これについては次回の記事で解説したいと思います。

参考記事 → ノムコム「土地相続税対策の基礎知識